2014年8月8日金曜日

マイケルの56回目の誕生日を前に[5]Comeback Announcement




O2 arena in London,
March 5, 2009


変な髪型のうえに、
今まで見たことのないようなポーズ。
私はこのときのマイケルにひどく違和感を感じ、
奇妙な会見だと思った。






























でも、翌日子供たちと一緒に
ミュージカル『オリバー』を観に行ったときは、







色違いのシャツにジャケットを羽織り
報道陣にもみくちゃにされているにも関わらず
前日、全世界で放映されたアナウンスメントのときより
はるかに整ったヘアスタイルで
娘が人に自慢したくなるカッコいい父親のように見えた








マイケルはこのあとのプライヴェートでも
ヘアスタイルはすっとストレートのままで
リハーサルではしていたカーリーヘアを
本番まで見せようとしなかった(*)







アナウンスメントのときも
こんな感じだったら良かったのにと
『THIS IS IT』後に思ったけど
インヴィンシブル以降のマイケルを調べているうちに
彼の「観客を未知の世界に連れて行こう」
という思いの真剣さがわかってきた。

それは今まで見たことのないステージ
という意味以上の
本当に「未知の世界」ということ。

彼のことを知っているつもりでも
未だにその凄さがわからない人のことは、
どんなに賢くても「無知」なんだと思う。


* * 



(*)正確を記するために一応追記。
リハーサル中、カーリーヘアのMJに会ったファンもいます。
旅立ちより1ヶ月ほど前の写真みたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿